即日融資可能なキャッシングで短期的な必要経費を賄う

お金の上手な運用法の鉄則として、手元に現金を持たないということが言われています。これは実際に正しいです。現金というのは、基本的に長期的に見て価値が減少していく傾向があります。

 

そのため資産家と言われる人たちは、なるべく現金を持たないようにしています。ここで言う現金というのは、銀行に預ける普通預金なども含まれます。

 

それではどのようなものに現金を投資していくかというと、長期的にみて価値が上昇していくものです。例えば不動産や株式、金、債権などです。

 

もちろん適当に投資していては大損してしまうので、それぞれ勉強していきながら資金を回していくことになります。信用のできる専門家に任せるというのも一つの方法ですが、こちらも実績を上げている資産家などからの紹介などでないと、危険性は高いです。

 

そして何よりも、手元に現金を置かないために即日融資可能なキャッシングを活用していくことがっ重要になります。

 

短期的な必要経費は一時的な借り入れを利用する

日本人はもしものために、ということで必要以上に普通預金などに流動的なキャッシュを持ちたがります。堅実なのは良いのですが。これでは将来的に資産を構築していくのは難しいです。

 

普通預金などは利息もゼロに近く、運用することは不可能です。これは死んだ状態でお金を置いておくのと一緒です。このような無駄をなくすために即日融資可能なキャッシングを活用していきます。

 

方法としては、1ヶ月に必要な生活費を算出して、その金額に近い金額だけ手元に置いておくようにします。そして残りは投資に充てていき資金効率を高めるのです。

 

そして利益も再投資して複利で回していくことで、パフォーマンスを最大化していきます。これでなるべく若い内に資産家になるということが可能になってきます。

 

ここでポイントになるのが、月々の生活費以外の突発的に発生した必要経費は、消費者金融やカードローンなどの即日融資可能な借り入れを利用することです。

 

そのようなものまで「もしものため」というふうにストックしておいたら、非常にもったいない話しです。

 

もちろん借りたお金は、なるべく早めに返済します。会社員なら次回のボーナスで一括払いとか、金額が少なければ次の給料日に完済でもいいと思います。

 

問題なのは、長期間に渡って借り続けてしまった場合です。これだと利息の支払いでマイナスが大きすぎます。必ず短期間で返済することを心がけましょう。

 

実際にすぐに返してしまえば、利息の支払いもたいしたことはありませんし、通常の投資分を取り崩すこともないので、運用効率を最大化することが可能です。

 

消費者金融アレルギーはもったいない

消費者金融に関して、いまだにサラ金イメージが強く利用に拒否感を抱く人がいます。でもこれは間違った印象です。計画的に賢く活用している人はたくさんいます。

 

おかしな取引をして多重債務者になったり、自己破産してしまう人は、無計画に限度額一杯のキャッシングをしたり、ギャンブルなどで借金をしたりと、はっきりとした傾向があります。

 

特に贅沢品の購入費用やギャンブルの利用者は、かなりの確率で破綻していきます。そのため消費者金融の利用規約では、パチンコや競馬などへの融資金の利用は禁止されています。

 

それでも確認しようがないので、実際にはギャンブル目的の借り入れが後を絶ちません。そのような人たちは、結局は普通の消費者金融業者だけではなく、闇金に手を出してしまい厳しい取り立てにあって破綻してしまうのです。

 

もういったケースとは違い、必要経費のみの一時的なキャッシングはまったく問題がなく、効率的な資産運用を可能とします。是非検討してみてください。

2015/01/31 17:00:31 |
昨年の1月から始まったNISA(少額投資非課税制度)ですが、証券会社の営業や宣伝の効果もあり、今ではかなりの人が参加しています。ちょうど株式の売却益の税金が10%から、元の20%に戻った時期です。それによる株価の下落を抑えるために出来たという目的もありますが、特に投資初心者にはお勧めできる制度です。人気が出たと言っても、まだまだ一部の人しか投資を行っていないので、引き続き国や証券会社も利用を促しています。昨年度は株高の影響もあって、利用者の大半が通常の利益にプラスして税金の優遇を受けてプラス収支を出しています。NISAの口座は1年間に100万円までの取引しかできないので、富裕層向けというよりも...
2015/01/30 22:46:30 |
投資というと、株式投資や不動産投資などが思い浮かぶ人が多いと思います。もちろんそれらも大切ですが、最も重要なのは健康への投資です。例えば普段の食生活ですが、コンビニ弁当やファストフードばかり食べていて、仕事で良い成果を上げることができるでしょうか。若くて体力があれば一時的に可能かもしれませんが、そのような生活を続けていればある時期に一気に体の調子がおかしくなります。短期的にみても、眠気が取れない、疲れやすい、集中できない、体力がない、といった症状に悩まされるはずです。長期的に良いビジネスをしていくためには、必ず健康への投資をしていかなければなりません。借金を返せない人なども食生活が非常に悪い人...
2015/01/28 22:39:28 |
資産を構築していくためには、もちろん収入を増加させていくことは必要です。ただ高収入であっても、借金を抱えて家計が赤字の人はたくさんいます。そのような人は、収入が上がるたびに支出も上げていってしまうので、お金が貯まることがないのです。シンプルな話ですが、収入と支出をトータルで考えて、プラス収支のプラスを増加させていかなければ、資産をつくることはできません。これは、子供の頃からの習慣が影響している場合が多いです。お小遣いをもらえば、すべて使いきってしまうような生活を続けていれば、大人になっても習慣として残ってしまうのです。そのような悪い習慣を変えていくには、すべての支出を減らそうと考えずにまずは絞...
2015/01/26 21:46:26 |
ニュースなどの情報によると、最近は東京のタワーマンションが即時完売しているとか、不動産需要が高まっているという報道が目立ちます。日本銀行の量的緩和策の一環として、REITへの投資も高まっていますし一見、不動産投資が魅力的に見えるようにも見えます。しかし、日銀の政策は一時的なものですし、日本の長期的な人口減の問題から、将来的には必ず地価が下落していくのは間違いありません。上手くもっても東京オリンピックまででしょう。実際に、お金持ちで今までたくさん土地や建物を持っていた人ほど、今は所有物件の売却をしています。彼らは、海外の不動産は国によって所有し続けていますが、日本国内のものは危険だという認識をし...